banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

借金うまい良い訳

借金をする際には、必ず上手な言い訳が必要となります。適当にギャンブルや旅行のような娯楽的な理由では、借りることはできないでしょう。では、うまい言い訳とは一体どのようなものでしょう。

お金を借りるほどなのだから、理由には深刻さが必要です。家や生活費なら、今日中にお金を借りたいという理由も通用しやすくなります。他にも、子供にかかる授業料などのお金や給食の費用を理由にすれば、うまく言い訳もできます。

特に、親などには、子供に掛かるお金といえば出さざるを得ないと考えてくれますね。それで、サラ金に走られるよりは自分が出した方がマシなので、渋々でも貸してくれるのではないでしょうか。他にも、今は債務整理中だからお金を金融機関から借りることができない、任意整理を始めたいからお金を貸してほしいなどの理由なら、通用する可能性もあるかもしれません。

その人との関係も絡んできますが、ウソでも信用を得ておいた方が借りることができる確率は上がります。きちんとした理由を用意してからでなければ、相談者の話なども聞いてはもらえないことを覚えておきましょう。

ですが、このようにうまい言い訳や理由を並べても通用しない可能性もあります。その時は諦めてしまうのではなく、金融機関に頼るようにしましょう。ただ、金融機関といっても銀行や大手消費者金融では、審査も厳しいため借りることができない可能性もあります。なので、できればネットなどで調べて中小の消費者金融を選ぶようにしましょう。

中小であれば、比較的審査も甘いと言われているので、借りやすいかもしれません。また、家賃が払えないときにも、目的別ローンやフリーローンを申し込めば、キャッシングで利用することができます。消費者金融会社もネットで探せば細かな条件や融資に関する情報、金額やサービスなど知ることができます。

しかし、それでも融資がしてもらえない状況となると借入が難しくもなります。最悪の場合には、クレジットカードのキャッシングで分割支払いを選ベば、そこまで負担なく借入を簡単に済ませることもできます。また、安全なキャッシング業者などを探すしか方法がないでしょう。

世の中全体が経済状況にばらつきもあり、必ずしもみんなが裕福ではないですし、みんなが貧困ではありません。お金の貸し借りには信用も大きく関わるものなので、その人の状況によっては借入も難しくなります。だからこそ、うまい言い訳が必要ではありますが、騙して借りることは詐欺罪になる可能性もあります。

その中で、金融会社は必ず審査時に、収入や会社への在籍確認電話番号に多重債務者であるかなど必ず確認します。これらに自信がなければ、知人にしっかり理由を話し借りましょう。うまい言い訳も通用するかは自分次第です。まずはどのような理由であるかということ、騙して借りるようなことはしないなどを念頭に理由を考えましょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン