banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

10万円借りる方法がうまくいかない場合とは

10万円借りる方法として、金融機関から融資を受けることができます。しかし、申し込みをしても審査に通過しなければ、1円たりとも借り入れすることはできません。銀行カードローンや消費者金融キャッシングに申し込みをすると、必ず行われるのが個人信用情報機関のデータベースに登録されているその人の情報の照会です。

金融機関では、申し込みがあった人の情報に関してのみ個人信用情報機関に照会することが認められています。名前や住所、勤務先などについての他に、他社から借り入れをしている場合はその状況と、金融事故情報が載っています。金融事故とは返済日が来ても支払いをせずそのまま長期間に渡って延滞したり、自己破産などの債務整理を行うことです。これらの金融事故があると、大手ほどその時点で審査すら行われなくなります。

中小消費者金融などでは、いくら過去に金融事故を起こしていたとしても、現在を見て判断し返済能力が十分にあるとすれば審査に通過します。金融業者によっても基準はさまざまで、長期延滞をしていた過去があっても審査だけはするというところもあれば、全く審査もしないところもあります。

すでに他社から借り入れをしていてまだ返済していないものがあれば、まずは返してから新規申し込みをした方が審査に通って10万円借り入れできる可能性が高まります。大手ほど債務整理をしていたら、それで審査落ちすることになります。債務整理をしている場合は、大手ではなく中小消費者金融から選ばれることをおすすめします。

中小消費者金融ではインターネットから申し込みや融資、提携ATMで返済ができるところが増えていますから、店舗の場所が遠くても利用することができます。債務整理をしている場合などは、ネットからの申し込みで審査が完了するところより、直接出向いての面談を行っているところの方が審査に通る可能性が期待できるかもしれません。本人から直接話を聞いた上で、返済能力がありそうかなどを独自審査により判定してもらえるからです。

債務整理をした当時は避けられない事情があったけれど、今はアルバイトから正社員に登用されたり、出世して役職が付き給料もアップして返済のゆとりがあるなどいい変化を遂げているかもしれません。初めは少額からになるかもしれませんが、10万円くらいなら借りられる可能性はあるでしょう。面談で顔を合わせて直接話を聞いてもらうことこそ、10万円借りる方法といえるかもしれません。金融機関ではそれぞれに利用限度額がありますが、下は10万円からのところが多いので探してみてください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン