banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

金融機関から早く10万円借りる方法

10万円借りる方法としてまず思い浮かぶのは、銀行系カードローン会社や消費者金融系キャッシングなどから融資を受ける方法です。

銀行は低金利カードローンで高額な利用限度額であることから、審査さえ通れば理想的な10万円借りる方法だといえます。同額の借入れをしても金利が低ければ利息がその分少額になり、返済額を抑えることができます。この先収入が変わらなさそうなら、金利の有利さは金融業者選びの大切なポイントです。

お金を借り入れするにあたって、その銀行に口座を作らなければいけないと思われるかもしれませんが、口座があることが申し込み条件に含まれていない金融機関もあります。例えば、静岡銀行カードローンは口座をお持ちでなくても最短即日融資も可能です。三井住友銀行カードローンも口座不要で審査は翌営業日です。自動契約機は21時まで申し込みができますから、会社帰りなどにも立ち寄りやすいのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンは口座がなければ借入れできませんが、窓口ですぐに口座を開くことができます。近くにみずほ銀行があり平日の日中に手続きをする人でしたら、大きなネックにはならなさそうです。みずほ銀行カードローンはインターネットからホームページより申し込みをすることができますが、その場合に口座を開設するとなると2~3週間待つことになる可能性があります。お急ぎの場合は気を付けてください。

インターネットからの申し込みで10万円借りる方法は、さまざまな金融機関の選択肢がありますので選びやすいのではないでしょうか。ただ、どのくらい緊急を要しているのかによって、注意すべきポイントが異なります。

新生銀行カードローンレイクは審査が即時行われるということで、対応のスピーディさが話題の金融機関です。自動契約機から申し込みをして発行されるローンカードで融資を受けるか、ネットや電話からの手続きで口座への振込融資を希望するかにより、同じ新生銀行カードローンレイクでも営業終了時間が異なります。

ホームページやお電話から申し込みを行うと、銀行などの口座振り込みの時間に間に合わなければいけない事情から、平日14時までに契約まで完了しなければなりません。一方、自動契約機の場合は基本的に21時まで、カード発行をご希望の場合は第3日曜日のみ19時までとなります。

ネット銀行に口座をお持ちなら、即日融資がスムーズです。融資は開設されている口座のみへの振り込みとなり、他行へ依頼することはできません。イオン銀行カードローンBIGとじぶん銀行じぶんローンは、審査時間が最短即日です。ジャパンネット銀行ネットキャッシングは最短1時間、セブン銀行カードローンは最短10分といずれも対応の早さが特徴的です。公式ホームページの申し込みフォームに入力して送信すると、信用情報などから審査が行われ、必要書類提出などを経て審査に無事通過すれば契約となります。

ネット銀行は24時間365日いつでも利用できるイメージがありますが、融資の申し込みは時間制限がありますので、特にお急ぎの場合は注意してください。イオン銀行カードローンBIGは平日なら15時まで、土日祝日は14時までに契約までの手続きが完了している必要があります。じぶん銀行じぶんローンは午前中まで、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは平日の14時まで、セブン銀行カードローンは平日が20時30分まで、土日祝日は15時30分までです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン