banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

お金が必要ならどうしたらいい?

お金が必要なら、まずは自分で調達する事を考えましょう。簡単なところから、家にある不要品を買取業者に買取ってもらうのです。

不要品ですから、それほどの買値がつかない場合もあるでしょう。ものによっては買取り不可もあるかもしれません。それでも、元々が不要品ですから、買値がつかなくても引き取ってもらえることが多いので、不要品の処分と考えるとかなり気が楽でしょう。買取りというよりも不要品の処分と考えるといいと思います。かなりの数を出すことで、1万円や2万円くらいにはなるでしょう。必要なお金が3万円程度でしたら、それでも足りない場合が多いです。

そういったときは、書籍やコミックの買取りをしてもらうと十分に目標金額に到達することだと思います。特に人気コミックの全巻シリーズでもあれば、かなりの高価買取りが期待できるでしょう。また、書籍にしてもベストセラーよりもレア本の方が高価買取りになります。予期せぬ本に高値が付く場合があるので、書籍も期待できるでしょう。できるなら、本の価値のわかる古本屋に買取りしてもらうほうがいいでしょう。書籍やコミックも含めたら目標金額の3万円には十分に到達することができると思います。

少額のお金でしたら、家の不要品や書籍などを買取りしてもらうことで、簡単に目標金額に到達することができると思います。しかし、何度も出来るものでもないのです。それでも急な出費のときにはかなり役に立つお金の調達方法ですから、是非とも実践してみたいものです。

必要な金額が3万円程度でしたら、友人知人にお金を借りる方法があります。というよりも、このくらいの金額でしたら友人に借りるほうが手っ取り早いでしょう。特に3万円といった金額の場合は、必要なのも緊急性を要することが多いでしょう。そういったときに、頼りになるのは友人知人であることは間違いありません。また、すぐに用立てできるのは3万円というお金が財布の中に入っていることが多いからです。

それではどうして、友人ならすぐにお金を貸してくれるのでしょうか。それは、昔ながらのつきあいだからです。ですから、知らず知らずのうちに信頼関係ができているということですね。この人に貸しても必ずお金を返してくれるという信頼関係です。もっとも、そういったことも考えずにお金が必要というと、条件反射的にすぐにお金を貸してくれるものかもしれません。そういった関係が友人関係ということでしょう。

あるいは、信頼関係があって仲の良い関係であっても、親しき仲に礼儀ありで借りる側のほうで借用書を用意しておきましょう。普通でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人の関係で出来ないという人がほとんどです。貸す側の気持ちを汲んで借りる側のほうで借用書を用意しておくのです。

友人も水くさいと言うかもしれませんが、借用書があるおかげでなあなあの関係にちょっとした緊張感を持たせることができるのです。これはとても大切なことです。お金のことでなにかいざこざが起きてしまったら、友人関係が壊れてしまいかねません。何かあったときに借用書があれば友人関係を保つことができるのです。

あるいは、借用書には次の給料日で一括で返済するという文言を入れておきましょう。間違っても分割返済ということをしてはいけません。一括で返済できる金額までしか借りてはいけないのです。それと今回の必要なお金が3万円ということでしたら、十分に一括返済できる金額です。これを分割返済というのでしたら、お金を貸す友人もさすがに金銭面で心配になるでしょう。ですから、要らぬ心配を与えないためにも、借りたお金はできるだけ早く直近の給料日に一括で返済しなくてはいけません。

必要なお金が3万円くらいでしたら、日払いのバイトでお金を調達する方法もあります。日払いのバイトはそれほど多くはなく選択肢も限られていて、男性でしたらガテン系のバイトくらいしかないでしょう。求人情報誌にも日払いコーナーがあればそこから選択することになります。

平日昼間にバイトができるのでしたら、ハローワークに早朝行くのもいいでしょう。送迎バスが来てくれて現場に運んでくれます。ほとんどが日払いのバイトなのですが、事前にハローワークに足を運んで情報をゲットしておいたほうがいいです。1回で1万円程度は稼げるので、3回働くと目標金額に到達します。もっとも、体力勝負の仕事になるので体力や体調に不安のある人は気をつけたほうがいいでしょう。

そして、慣れない肉体労働になるのでケガなどが心配です。事業者は必ず労働者に対して労災保険をかけるのが義務づけられているのですが、日払いの現場労働者でしたら、加入していない場合もあるようです。ですから、事前労災についても聞いておくといいでしょう。加入してなく、ケガをしたら自腹で治療費を払うということにもなりかねません。ほかにはクレジットカードのキャッシングを使うという方法もあります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン