大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い

銀行カードローン審査や消費者金融カードローンでは審査があります。収入や他社借入件数などで審査落ちをしてしまう場合も多いです。

審査通過率の話

大手消費者金融の審査通過率は50%といいます。2人に1人は審査が通らないのですが、あれだけ陽気なCMをしていて簡単にお金を借りられそうですが、実は現実は厳しいのです。多くの申込者ががっかりしているのが現実です。

みずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンに至っては、30%といいます。カードローン審査は、申込んでみないとわからないというのが現状で、審査落ちは案外と身近なことで自分だけ特別ではないのです。

最近では、審査はコンピュータースコアリングシステムで簡単に行うことができます。大手消費者金融では1時間程度で結果がわかります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


A銀行とB銀行の審査の違い

銀行カードローン審査では、あの銀行は審査が甘いと口コミがありますが、実際にはたいした違いはないです。

ところが、消費者金融では大手消費者金融とそれ以外の審査基準は全く違います。中小消費者金融の審査と大手での審査で同じ項目は総量規制限度内と延滞者は借りられない点だけで、あとの基準は違います。

銀行では原則ブラックは対応していないのですが、それ以外では銀行口座を長年利用しているとか、住宅ローン利用者などの贔屓客などの場合は、多少審査が甘くなる?と言う程度です。しかしながら、大手と中小消費者金融の違いは歴然で、中小消費者金融ではブラック対応のところも少なくないです。

大手消費者金融がだめなら中小消費者金融

審査の違いから、大手消費者金融審査落ちも中小消費者金融での借り入れが可能になります。そこで、大手消費者金融審査落ちですぐに中小消費者金融に申込に行く方は多いです。

その行動は、中小消費者金融の審査のときにバレバレなのですが、ブラック対応では本当に借りられることも多いです。利用限度額は消費者金融では、総量規制です。その範囲内で延滞をしている状態でないことが大前提ですが、すぐの中小消費者金融申込をしても審査はしてもらえます。

返済能力があれば審査通過が叶うのですが、すべての大手消費者金融審査落ちが中小消費者金融での借り入れができるわけではないです。これは単に審査対象になるというだけの話しです。中小消費者金融でも審査落ちのケースはあり、中小消費者金融審査落ち後は債務整理しかない、借りられる金融業者は存在していないです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン