banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ブラックからホワイトリストを作るには?

信用情報をクリーンにする方法があります。債務整理です。

借入額をゼロにする

債務整理は、返済できない多重債務を債権者と話し合ったり、裁判所で判断をしてもらって法的な返済を少なくしたり、ゼロにする事を言います。

金融機関としては、債務整理宣言をされたら手も足も出ないので、従うしかない場合が多いです。それで、僕は返済が出来ないので、借金をゼロにする自己破産ができます。

晴れて自己破産ができれば、借金はなくなってしまいます。多重債務の記録がゼロになります。クリーンな信用情報と言いたいところですが、債務整理をしましたという異動情報は残ります。これは金融事故であり、ブラックです。

クリーンな信用情報を継続

多重債務なしで債務整理の異動情報の状態で、キャッシング申込をしても審査落ちです。ただ、そのままの状態を5年以上続けることで、金融情報がなくなります。異動情報もなくなって、本物のクリーンになります。

債務整理をする時に、暫らくの間はキャッシングができませんとあります。確かに、最高10年間は借り入れやクレジットカードなども利用できないのですが、我慢をしたらまっさらな信用情報になり、普通に銀行カードローン審査も大手消費者金融審査の保証会社の保証も通るようになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ブラックの情報が更新される

中小消費者金融では、債務整理後1年程度で借り入れができます。その時に、総量規制範囲内で返済能力があればの話しですが、債務整理5年までまたなくても良いのです。

しかし、この記録も個人信用情報機関に行くことになり、クリーンな信用情報ではなくなってしまいます。要するに、債務整理後大手消費者金融などで借り入れができるようになる期間のキャッシングは厳禁です。クリーンな信用情報のためには、中小消費者金融の甘い審査でのキャッシングはしないことです。

数年間の我慢が実を結ぶ

お金がほしいから今借りたい。だけど審査落ち。大手消費者金融などでそうなった場合、中小消費者金融での借り入れができます。しかし、それをしないで我慢をすることで、大手消費者金融でも銀行カードローン審査も通過ができます。

審査落ちの原因が申込ブラック、債務整理、多重債務であったとしても、審査落ち後は何も行動をしない。多重債務者なら返済を続け、債務整理者なら中小消費者金融にいかないことです。

そうすることで、5年以上経ったときには、初めてのキャッシングの時のような真っ白な信用情報として、どこの審査も通過ができる身分になることができます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン