banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

信用情報の内容で審査が決まる?

キャッシングの要は信用情報です。消費者金融でも銀行カードローンでも収入がある20歳以上(高齢者は年齢制限あり)で、在籍確認ができる勤務先があれば、あとは過去と現在の返済トラブルの確認になります。

保証会社の保証

銀行カードローン審査では、保証会社が間に入ります。返済できない時に代位弁済をするのですが、その分審査は厳しくなります。

信用情報では、金融事故である異動情報が1つでもあれば審査落ちですが、限度額に近い多重債務なども調べられます。ある程度の高い年収があれば認められるのですが、過去のキャッシングで完済実績が多いのは審査のポイントになります。

しかし、過去は過去。現在、延滞をしている、1年以内に数回の延滞記録があれば審査は通らないです。

総量規制の範囲内

大手消費者金融では、年収3分の一の総量規制が決め手になります。300万円の年収なら100万円しか借りることができません。それも1社ではなく、多重債務であれば、合算されます。

多重債務ですでに借り入れがある方は、総量規制範囲内を限度として審査をします。また、金額だけではなく、他社借入件数が2件以上のときには審査通過はできないことが多いです。これらの信用情報の他に、収入が少ない、延滞しているようであれば、審査落ちです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ブラック対応ですが

中小消費者金融の甘い審査では、総量規制範囲と延滞以外には審査基準が甘くなります。しかし、限度はあります。その基準は、金融業者によってちがうのですが、大手消費者金融よりは甘いのは確かです。

中小消費者金融でキャッシングができたらラッキーですが、金利は高いですし返済できない時の取立などはヤミ金のようだと言われています。返済しない方が悪いのですが、無理なキャッシングはしない方が良いでしょう。

中小消費者金融でも審査落ちはありますし、その後の借りられる金融業者はゼロです。中小消費者金融のキャッシングでは、1万円など小口融資もできます。しかし、高い金利を払ってでもそのお金は必要ですか?と確認することも必要です。

大手消費者金融や銀行カードローンのようにスピード審査でもなく、審査時間も何日もかかります。

審査落ちをしてしまったら

銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融と順番に審査申込をするのも良いですが、本当に必要なのか?審査落ちをするということは、返答ができない人と判断されていますから、今一度現在の債務状況とお金の使い方を再確認することも必要です。

今後も繰り返すキャッシングをしなくてはならない生活の場合は、改善の必要もあり、審査落ちが絶好の見直しのチャンスと捉えるのもありでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン