banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

専業主婦も借りたいのに

専業主婦でも、急な出費を避けられないです。普段は使わないお金であっても、すぐにまとまった金額がないとマズい。そんなときに、消費者金融カードローンがあると便利です。

そこで、専業主婦はネット銀行などの銀行カードローンなら持てます。ただし、最高50万円程度ですが。

外に働きに出られない

専業主婦は働いていない、収入がないから借りたい時でも審査に通らない、消費者金融には申し込めないのです。

では、専業主婦が在宅ワークを始めたとしたらどうでしょう?専業主婦が在宅ワーク。これはもう専業主婦ではなくなります。個人事業主として確定申告をしたらOKです。個人事業主として、大手消費者金融の審査を受ける事ができます。

年収10万円でも借りれますか?

自前の収入がない専業主婦から、年収10万円の個人事業主。しかし、この金額ではプロミスなどの大手消費者金融の審査は難しいです。働いているし収入あるしと言っても、審査基準の年収には当てはまらないです。

月収10万円なら良いのですが、100万円程度の年収は必要でしょう。大手消費者金融の審査基準はこの程度です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

使えない、専業主婦のキャッシング

大手消費者金融の場合のみNGですが、銀行カードローンの審査に通るのなら大丈夫です。専業主婦枠のあるカードローンなら無理して働くことはないです。50万円程度なら、審査次第で借入ができます。この時の申込としては、国内在住、20歳以上であれば良いです。

ただし、信用情報で金融事故があれば、審査落ちは大いにあります。審査に通る最初の専業主婦は大丈夫ですが、肝心の信用情報でブラック専業主婦の場合は、借入ができないです。

銀行カードローンの審査は厳しいよね?

確かに、厳しいでしょう。普通に借りるのも大変ですから。

どうしても借入をしたいときには、中小消費者金融の配偶者貸付制度の利用が妥当です。このときに、配偶者の収入がポイントになりますが、それだけでなく、配偶者の信用情報もブラックリストなら借入ができないです。

それと、配偶者に内緒も厳禁です。同意書が必要な配偶者貸付制度は、必ず夫婦で承知のキャッシングになります。ちぇっ、内緒のキャッシングができないのかという方も多いでしょうね。

新生銀行カードローンレイクはどう?

なぜここか?というと、銀行カードローンと消費者金融をあわせた独自のキャッシングができるからです。

ところが、ここのカードローンは大手消費者金融の特徴があるだけに、専業主婦はNGです。銀行カードローンっぽいですが、実は消費者金融カードローンであるということになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン