banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

申し込みブラックで大手消費者金融全滅

ある日、大手消費者金融申込をしてみて、借りれない経験をした方。その時に、別の大手消費者金融にあわてて申込したことありませんか?

何か不都合でも?

大手消費者金融と言えば、アコム、プロミス、モビット、アイフル、レイクALSAなどですが、このカードローンあり、スマートフォンのアプリでも借りれるという国内屈指の大手消費者金融はすごいです。即日融資もでき、土日祝日も申込OKです。

セブン銀行ATMではアプリを使って、自動契約機がない地域でもスマートフォンでのキャッシングが可能になっています。進化していくだけではなく審査が数時間で完了して、50万円以下の借入では身分証明書1つでOKです。このキャッシング審査ではインターネット対応もでき、ちょっと借りたいときでも対応しています。

その大手消費者金融、たとえばプロミスに申込者したとします。何が原因なのか、審査落ちしたその時に、また同じように申込し直したり他の大手消費者金融に申込してしまうのは、完全NG行為です。案の定、全て審査落ちになってしまいます。審査結果が早いので、今回の申込が全滅です。何がだめなのかというと、審査落ち後の行動です。

半年間の審査落ち

この大手消費者金融の審査落ちしてしまったとき、理由は何であったとしても一度信用情報の参照をしたことは記録に残ります。審査落ちだとしても、この参照したことは次の申込のときに、直近で申込していたことがバレます。

慌てて申し込みしたときには、よほどお金が苦しい、手当り次第に申し込みをしているという印象になります。そして、審査落ちになってしまう。これが申し込みブラックというものであり、このときから半年間はずっと審査落ちが続くことになります。

申し込みブラックというのですから、金融事故者、ブラックリストになってしまいます。半年間に大手消費者金融、各種ローン、クレジットカードの申し込みができないだけの短期間ブラックリストです。この間に大手消費者金融でカードローンを作りたいとか、クレジットの申込では全て審査に通らないことになります。

プロミスからアイフルの申込だけでこんなに事に。ただ、まれに2件目の大手消費者金融でカードローンが作れたという口コミも耳にします。それは例外的ことであり、基本的には大手消費者金融で審査に通らないときには、半年間は新規の申込はしないことです。

そのため、各大手消費者金融ホームページには簡易診断があります。あまり当てにならないとの評判ですが、致命的な審査落ちのときには、ここで一発残念ながらという回答になります。その時は申込はしない。続けて申し込みは絶対にしない方が良いでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

申し込みブラックの例外

簡単に申し込みブラックにはならないとの口コミもありました。

1ヶ月に3社までならOK?

ある口コミには、1ヶ月に3社の申込ではブラックにならなかったとの内容がありました。これは、2社目、3社目を続けない事らしいです。

要するに5月1日にプロミスに申し込みして審査落ちしてしまい、5月10日、5月20日というように日を空けたと言います。そして、5月20日に無事にアイフルでの審査通過ができたという内容です。どうして申し込みブラック回避ができたのでしょうか?

大手消費者金融の審査の複雑さ

それはいくつか理由が考えられます。カードローン審査では、大手消費者金融の基準が同じよう、似ていると言い方をされます。そのわけは、大手消費者金融が大手銀行傘下に入っていることや収入等も関係します。

大手銀行口座系列のヘビーユーザーであった。過去に何回も完済している信用情報。クレジットカードの借入がまったくない。各種ローンの借入状況などで、一概に申し込みブラックの基準が1つではないと言えます。

ですから、大手消費者金融の申し込みしているときに、既に銀行カードローンの債務がある等の条件でも変わってきます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

収入だけではなく

正社員とパート、派遣社員等でも属性の違いで申し込みブラックの可能性が変わってきます。勤続年数が長い正社員や公務員と1年程度のアルバイトでも、ブラックリストになる確率は変わります。

この属性の関係ではキャッシング審査に影響がありますが、続けて申し込みしたがる内容では返済能力を疑われる事が大いにあります。あえて触れなかった点ですが、1ヶ月に3件ほどの申し込みしても申し込みブラックにならないというのは好条件の方です。

多くの方は続けて大手消費者金融の申し込みをしてしまうと、申し込みブラックとして審査落ちしてしまう事になります。

大手消費者金融の審査

大手消費者金融では、個人信用情報機関では、各種ローン、クレジットカードの情報、銀行カードローンも全て確認をします。

しかも、詳細データから検証していますので、銀行カードローンの債務が多い等、既に借入があるときには返済要員としての申し込みと判断されることが多いです。その時も、続けての申し込みでは完全に申し込みブラックとして審査落ちになってしまうと言われています。

できれば、大手消費者金融審査落ちでは、今は借りれない。半年間は長いけれど、ここはじっと待つ事。申し込みブラックそのものも金融事故として個人信用情報機関に記録されることになります。クレジットカードの申し込みもできない事が多いようです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融審査落ちではその後はない?

消費者金融の審査落ちになった時に、銀行カードローンの借入を考える方もいます。これは審査通過の可能性は少ないです。反対に、銀行カードローンからの大手消費者金融カードローンの審査の方が借りれる可能性が高いでしょう。

審査基準の違い

銀行カードローンにしても、大手消費者金融カードローンにしても審査を受ける時には個人信用情報機関の確認をします。それが、審査の時に他の審査を受けた事が審査基準にひっかかります。

キャッシング審査では、多重債務は基本的に限度額内であればできます。しかし、その多重債務になるのが短期間であれば、印象は悪いでしょう。多重債務になっているのに、他の借入ばかりをしていると、借りクセがあるのではないか?返済能力がないのではないかという憶測です。

大手消費者金融では、審査はコンピュータースコアリングシステムで行います。全て数値化ですが、直近申し込みもデータに入ります。銀行カードローンの審査では、スコアリングの数値が高いです。特に申し込みブラックは良くないでしょう。

大手消費者金融審査落ちの銀行カードローンはどうしても審査に通らない。しかも、申し込みブラックになってしまうことでは、キャッシングそのものは大手消費者金融も銀行カードローンも借りられないでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ついでにクレジットカードのキャッシングでは?

チャンスとしてはクレジットカードのキャッシングもありますが、ますます審査は通らないです。結局、消費者金融の審査がまだ借入ができるチャンスがあります。

ところが、その大手消費者金融なりが審査に通らないと、銀行カードローンとクレジットカードのキャッシングは審査に通らないとされています。大手消費者金融は貸金業者であり、他のキャッシングでは金融はついでのものです。

特にクレジットカードに関しては保証会社がありますので、審査に通るのは難しいです。キャッシング審査に関しては、融資ができません。

続けて申し込みしない

大手消費者金融での借入ができない時には、他のキャッシングはできないと言っても良いでしょう。金融業者としては、他にもあるのですが、審査落ちしてしまった時には、大手消費者金融でどうして借入ができなかった原因を究明することが必要です。まずはその解決を行いましょう。

大手消費者金融では審査落ちしてしまうのは理由があることで、それがある限り、大手消費者金融も銀行カードローンもクレジットカードのキャッシングの申し込みはしないことです。ブラックリストになっていない場合もあります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

大手消費者金融の審査通過率は50%以下?

カードローン審査でNGになるのはたくさんの理由があります。簡単にキャッシングができるようですが、基本としては20歳以上で安定収入がある方です。全てのキャッシングの基本が、この内容です。

そのような大人は多い

安定収入があるけれど、勤続年数が1年未満。既に3社程度のキャッシング業者。先月の他の借入で返済ができていない。債務整理をしてばかり。このような方は、たとえ20歳以上で安定収入であるとしても、審査落ちです。それが簡単に要審査という明記だけで判断されます。

ですから、大手消費者金融の審査通過率が50%を切っています。2人に1人しかキャッシングができないのが現状です。20歳以上で安定収入という人が借りれるというのは幻?何ていう方もいます。

審査に通るため

大手消費者金融の審査では、こうした厳しい条件が揃っています。

そこで、すぐに審査に通りたい時には、1年以上の勤続年数である。パートとアルバイトでもOKです。債務整理などをした方は7年程度経過していて、債務整理していない大手消費者金融に行くことです。

債務整理した大手消費者金融では二度と借入ができないです。返済していないのは遅滞者、延滞者であり、絶対に借入できません。多重債務はできますが、多くの方は2社程度。その時には債務が少ない事が条件です。こうした、限定的な大手消費者金融の借入になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

できれば最初のキャッシング

大手消費者金融の審査では、多重債務は考えない事でしょう。最初の借入として検討して下さい。ただし、銀行カードローンと比較したときには、迷わず銀行カードローンに行きましょう。大手消費者金融は銀行カードローンより甘い審査になっています。

最初のキャッシングでは銀行カードローンであり、その次が大手消費者金融になります。しかし、それが債務が少ないことです。信用が大切な審査ですが、返済がきちんとできて、今回借りたいのが数万円単位です。カードローンでは限度額が総量規制という年収3分の一という内容です。

やはり50%の審査通過

この点では簡単ではないキャッシングであることがわかります。安定収入だけではなく、きちんと働いて返済ができるということを証明することができる事が必要です。

銀行カードローンではなく大手消費者金融が簡単ですが、借りられないかもしれないと言っても、そんなに大した事ではないでしょう。慌てて次の大手消費者金融に行くのではなく、他の方法があります。甘い審査の中小消費者金融、街金の借入ができる人がいます。それが、甘い審査の中小消費者金融になりますが、無理に行くことはオススメしません。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

こんな金融事故は絶対に借りれない

消費者金融の借入ができない。そんな状態になったとき、大手消費者金融カードローンだけのことでしょうか?消費者金融は大手消費者金融だけではない事を知らない方は多いでしょう。

大手消費者金融以外の消費者金融とは?

インターネット上では、借入サイトでは大手消費者金融以外の中小消費者金融、街金の内容がとても多いです。そこで中小消費者金融に関しては、大手消費者金融審査落ちでも借りれるとされています。

もし、大手消費者金融がだめなら中小消費者金融に行ってみて下さい。その時に、中小消費者金融の借入ができるかどうかは審査次第です。ブラック対応、ブラックOKの審査になっていますが、キャッシング審査としては、ブラックリストでも借入ができる事になっています。審査次第の点では、借りれるとの口コミが借入情報サイト内容では、最終的には審査になります。

中小消費者金融の審査

基本的にブラックリストでも返済能力があることが必要です。

個人信用情報では、大手消費者金融では借入ができないという基本的な内容だけではなく、返済ができる収入があるが必要です。ですから、キャッシング上では、カードローン審査には通らない。それが、3社の借入件数等の多重債務者、債務整理者などです。

などと言うのは、この金融事故では中小消費者金融の審査に通る事があります。多重債務者も債務整理者では総量規制範囲内の借入ができる事になります。それが、中小消費者金融で借りれる条件になります。

返済があるけれど、総量規制範囲内であればキャッシングができる。それが大手消費者金融で借入ができないとしても、中小消費者金融で借りれることになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

延滞遅滞は借りられない

返済のトラブルでは、多重債務者の場合で他の借入はしていても返済をしていない。この事実だけは、消費者金融全滅です。

どんなブラックリストでも借りれる事ができないという現実を見せられるのが、延滞遅滞の金融事故がある場合です。これは、キャッシングがあくまでも信用で成立していることを意味しています。借入するときには必死だけど、肝心の返済のときは逃げてしまう。借入から返済までは期間がありますので、審査通過では、債務者を信用します。

ところが、返済ができないというのが最悪の事態です。特に中小消費者金融では、返済と利息の回収が何よりも大切です。経営にも直結してしまうことであり、中小消費者金融の多くは遅滞することでは、激しい取り立てが存在しています。申し込みのときに遅滞していると相手にされないのは当然です。

消費者金融全滅のときには

もう借りれる所はどこもありません。残された道は多重債務者は即債務整理をするだけです。

自己破産を含む債務整理をしてしまうと、それだけで債務が減少します。そのまま10年近く借金をしていないと大手消費者金融や銀行カードローン等の借入もできる個人信用情報になります。もう消費者金融全滅だなんて言わせない身分になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン