banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

借入件数が多くて審査に通らない場合

消費者金融や銀行のローン、もしくは銀行カードローンやカード会社、消費者金融会社などから借り入れをしたくても、なかなか審査に通らなくなってしまったという方は多いのではないでしょうか?

このように、銀行系カードローンやその他のローンカード、そしてキャッシングの審査に通らなくなってしまったという方は、借入件数が多すぎるという可能性があります。借入件数が多すぎると信用情報にその旨が記載され、その情報から金利を含めた返済ができない状況になると他社にも判断され、融資をしてもらえなくなるという可能性も高いです。 

このような際にはまとめローンという方法もありますが、大手ではない消費者金融を探すのもひとつの手かもしれません。

まだ借りられる消費者金融

借り入れの件数が多すぎて審査に受からず融資もしてもらえないという方も、まとめローンのほかに他社の大手ではない消費者金融も探してみてください。というのも、信用情報にこのような他社借り入れの合計が多いことが情報として記載されたとしても、それでさまざまなカード会社が一斉にお金を貸してくれなくなるわけではないのです。

実は、大手からの融資はしてもらえなくなっても、中小の消費者金融の借り入れは可能という場合もあるため、金利やその他の返済負担などをよく確認して申し込みをしてみましょう。

まとめローンもおすすめ

そして、キャッシングにローンカードの他社借り入れ件数が多すぎてお金を貸してもらえないという方には、まとめローンがおすすめです。

このまとめローンとは、複数のカード会社などからの借金をひとつにまとめ、以後はその会社のみに返済をしていくというローンのことです。このように融資を受けているのがひとつの会社だけなので、信用情報に書かれた借り入れの件数の情報が不安で金利の負担が大きいという方にもおすすめなのです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

借入件数4件

カードローンや消費者金融、銀行カードローンや銀行のカード、そのほかのローンで融資を受けたいけれど審査になかなか通らないという方はいるてしょう。このように借り入れができなくなった人は、おもな理由のひとつとして他社借り入れが4件を超えているからだということがよく言われます。

つまり、カードローン審査において、他のカードローン会社などからの借り入れ件数が4件以上あると信用情報機関にその旨が記載され、その情報がカードローン審査の際にネックになるというのです。ましてや、限度額いっぱいまで借りていたら大変です。こうなると、もうしっかりと金利を含めて返済してから次の融資を申し込むか、まとめローンのお世話になるかとなります。

しかし、このようにカード会社のキャッシングの審査において、借り入れができないといわれてしまう場合はどうしたらいいのでしょうか。

他社借り入れ4件以上の場合

信用情報機関にその情報がなくても、融資の申し込み時に申請しなくてはいけない「他社借り入れ」の欄で、申し込みをした相手である消費者金融にはバレてしまいます。

しかし、このようなカード会社のカードローン審査に合格する方法がないこともありません。審査を受ける際に、金利が低く限度額の高い銀行カードローンなどにチャレンジするのではなく、返済負担は少ないけれども審査の甘いと言われている中小の消費者金融で審査を受けるのです。

それでもダメなら、まとめローンでまずは返済負担を減らすという手もあります。

限度額の合計が大事

審査の際に実際にネックになってくる情報は、信用情報機関などに事故情報がない場合、借り入れの件数よりも限度額の合計です。

カード会社は、カードローン審査の際に返済をきちんとしてくれるかを一番に気にしますので、キャッシングの審査に申し込みをする際には限度額を抑えるようにしましょう。また、まとめローンに借り換えをすれば金利負担が少なくなりますので、おすすめです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

キャッシングが他社借入4件でも借りれる?

銀行のカードローンや銀行カードローン、消費者金融のカードや消費者金融系カードローンの借り入れをしたいと考えている人に、ぜひとも覚えておいていただきたいのが総量規制です。

この総量規制は、融資の限度額の合計をその人の年収の3分の1以下に抑えるという法律上の規定で、これによって多重債務によって返済不能になるという事態を防ごうとしたものです。

しかし、この総量規制は、みずほ銀行カードローンなどの銀行系カードローンは対象となっていません。銀行系のカードローンやローンカードが対象となっていないのは、通常のカード会社が貸金業法によって規制されているのと違い、こういった銀行はその貸金業法の規制を受けていないからです。

ただ、さまざまな情報を総合すると、銀行系のローンの審査でも総量規制の枠を大幅に超える融資を得られる可能性はあまり高くないようです。

大手の銀行の場合

みずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンや銀行系の金融会社のローンカード、その他の銀行系カードローンは貸金業法の規制を受けないため、総量規制の規定を超えて融資をしてくれる可能性がゼロでありませんが、厳しいことに間違いはありません。

では、大手の銀行の審査は、融資限度額が総量規制を超えて借り入れができるのかと考えてみると、その人の返済能力や信用度によりけりではありますが、一部情報によると年収の半分の限度額のカードローンが契約できたという方もいます。

このように、銀行系であればカード会社によっては、大手でも総量規制を超える額を借りることができるようです。

他社借り入れ4件でも審査に受かる?

総量規制の枠内だったとしても、他社借り入れ4件を超えるような借り入れの申し込みをして審査に受かる可能性はあるのでしょうか?

実は、借り入れの申し込みの際に融資可能か、ということと、他社借り入れの件数はダイレクトに関わりのあるものではありません。それよりも、現在返済中の他社借り入れの限度額の合計が大事です。ある情報では、5件を超えても借り入れ限度額が少なければ融資の可能性はあるとのことです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

借入4社

カードローンや消費者金融、銀行からの借り入れや銀行系ローン、カードローン審査の際に、どの会社や銀行でも記入しなくてはいけない申し込み用紙の項目に「他社借り入れ」があります。この他社借り入れは、総量規制の対象になっている消費者金融系の業者であろうが、銀行のカードローン審査であろうが、必ず記入すべきものになっています。

まとめローンやさまざまな融資などを利用する際に欠かすことができない「他社借り入れ」の欄への記入です。返済中の他社からの融資が多いと、これら申し込むローンでも限度額が低めに設定されたり、返済の際の負担や金利が高くなったりと、不利になる可能性があるのではないかと不安な方も多いでしょう。

他社借り入れ欄でウソは厳禁

審査の際の「他社借り入れ」の欄で、ウソをついてはいけません。

なぜかといえば、まとめローンや銀行系ローンの融資、銀行のカードローン審査やその他の消費者金融系の業者の融資のおいても、他社での借り入れの情報というのは信用情報を照会してチェックされるものであるため、ウソをついてもバレてしまううえに、ウソをついたということがマイナスの評価材料になってしまう可能性があるのです。

そのため、総量規制のせいで金利や限度額のことが心配であったとしても、他社借り入れの件数に関する情報を求められたら、事実を書くようにしましょう。また、審査に受かったとしても、利用することは無理のない返済計画のもとに借りることが必要です。

まとめローンを利用しよう

では、他社借り入れに書くのがためらわれるほど多くの他の業者を利用しており、借り入れをしている限度額の合計も総量規制に引っかかりそうであれば、いったいどうすればいいのでしょう。

この際には、まとめローンを利用するのが賢明です。このまとめローンは、多くの債務を抱えている人が主に金利負担などの返済負担を軽減するために、借金を借り換えて一本化するためのローンで、これによって返済総額が大幅に軽減される可能性があります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

借入件数5件でもお金借り入れ

カードローンや銀行カードローン、消費者金融あるいは銀行のローンや消費者金融系カードローン、銀行系の融資を受けたい方や消費者金融会社の金利の低いローンカードを利用したいという方に注意していたたきたいのが、申込書に必ず書くことになる「他社借り入れ件数」です。

このように審査の際に必ず書かされる「他社借り入れ件数」は、他社からの融資や借金のうち返済中のものの件数を書くものですが、まとめローンなども含め正直に借りている件数を書かないと、あらゆるローンで審査に落とされる可能性があります。

総量規制の件もあって、借り入れ金額をどうにか確保したいという方なども要注意です。

融資を断られる可能性

では、他社借り入れはどのくらいまで審査で許容されるのでしょうか?

一般的には件数が多いとこれ以上の返済ができないと判断されて、総量規制の金額に引っかからなくても借金を断られてしまう可能性が高いと思われていますが、いくら金利の負担が少なく、返済できそうとはいっても、借り入れ件数がネックになって審査に合格しないというのは痛いですよね。

他社借り入れが5件以上の場合

とくに、他社借り入れが5件以上という場合はどうかという問題ですが、実は借り入れ件数が多くても、融資限度額の合計が低いならば借り入れをすることができる可能性は高いようです。ただ、金利を含めた無理のない返済計画は必須です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン