banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制以上のお金が必要!今すぐ借りたい

消費者金融の借入の時の総量規制。余計な存在ですが、貸金業法で定められているため、総量規制オーバーのカードローンは存在しないです。

銀行カードローンの限度額

最近銀行カードローンの限度額が引き下げられました。その背景には、銀行カードローン利用者の債務整理の急増です。

総量規制以上の限度額の設定、銀行からの増額により、オーバーローンの指摘は以前からありました。銀行法で定められている銀行カードローン審査は、案外と高額の限度額が許されていました。

ところが、債務整理が増えたことで、限度額の見直しが始まっています。貸金業法と銀行法の違いですが、銀行でもキャッシングの限度額の引き下げが始まり、総量規制と変わらない限度額になりつつあります。

借入金額にも妥協が必要

総量規制は邪魔と考えている方で健全な返済をしている方はまだ良いでしょう。

余裕返済ができるのであれば、消費者金融での増額も検討してみて下さい。ある程度キャッシングと完済を繰り返し、完済実績がある程度できると、増額もありです。銀行ではこれで債務整理が増えたと言いますが、消費者金融の場合は審査が難しく、増額幅も小さいです。

しかし、年収3分の一の総量規制の貸付額は妥当と考えてるのが良いのではないでしょうか?増額をした場合は、給料が上がった、転職して収入が増えたなどの余裕ができることであり、あとは総量規制でおとなしくキャッシングを続けることをおすすめします。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

収入と返済能力のバランスを考えて

金融機関では返済能力を重視します。いやいや、まだ借りれるからと思ったとしても、貸金業法を破ることはできません。新規借入でもっとほしいというのであったとしても、消費者金融も銀行も限度額の存在は絶対です。

ブラックの方は総量規制以下の借入も難しいかも

総量規制以上のお金がほしい、自分はブラックというのであれば話しは変わってきます。借入額が多すぎ、借入件数が多すぎ、債務整理をしていたなどの理由なのに、もっと借りたいと言うのは、本末転倒です。

増額にしても、ブラックは相手にされないことであり、銀行カードローン審査でも審査落ちです。返済能力の有無については、信用情報と個人情報の収入が大きく関係しますが、ブラックについては、審査そのものに通らないと思いましょう。

貸金業法の総量規制とは

ブラック防止のための総量規制です。

債務整理などにならないように定められたもので、総量規制のない銀行法では債務整理が急増している。総量規制がブレーキになっていることは歴然とした事実です。総量規制では不足しがちな借入ですが、これを破ったのでは消費者金融も経営ができなくなってしまいます。

以前のサラリーマンローン

総量規制もないどんどんと利用額も増えますが、グレイゾーンの金利に戻ります。20%超の金利、債務整理もなく、返済できないのなら地獄の日々。今の闇金同様の事態になっても良いのなら、総量規制超のキャッシングができるでしょう。

借入先が正規金融業者なら、総量規制は厳守です。個人信用情報機関の壁が立ちはだかります。総量規制対象外のまとめローンがありますが、これは新規貸付ではありません。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン