banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

キャッシング審査に用いられる4つの基準


銀行カードローンや消費者金融会社などに申し込みをしても、なかなかキャッシング審査が通らないというお悩みを聞くことがあります。申込者にはどのような理由で落ちたのかは明らかにされていませんが、どのような審査を実施しているのかわかれば次の対策ができるかもしれません。

主に4種類の基準を用いて、その人に融資をしても貸し倒れしないか、返済期日を守ってくれるかなどが判断されています。その4種類とは、属性審査・信用情報審査・書類審査・在籍確認です。金融会社のホームページや窓口、自動契約機や無人契約機などから手続きをするとき、氏名や勤務先などの個人情報を申請します。

属性審査はこのとき自己申告をした申込者・住まい・勤務先・借入れ状況の属性をチェックします。この作業でキャッシング審査が通らない原因となりやすいのは、年収と他社からの借入れ状況の2つです。

消費者金融は貸金業法の総量規制により、年収の3分の1までしか貸し付けができないと法律で定められているので、すでに上限に達している場合は借り入れできません。多くの他社からすでに借り入れをしている場合はそれによって審査に通らなくなりますから、おまとめローンで一本化できればこの原因を解消させることができるでしょう。

信用情報審査とは、個人信用情報機関のデータベースからこれまでの借入れの履歴がチェックされ、金融事故情報がないかなどが閲覧されています。遅延が多いなどの情報があれば、返済日を守れない可能性を疑われ、審査に響いてくるかもしれません。

書類審査は、申し込み時に金融機関側から本人確認書類の提示を求められますので、その内容を照らし合わせることで本人であることを確認します。身分証明書は運転免許証や健康保険証などです。融資希望額が50万円以上になる場合や、他社との借入れ合計金額が100万円以上になる場合は、収入証明書の添付が求められるでしょう。

最後の在籍確認では、申し込みフォームに入力した勤務先に電話連絡をして、その職場に籍を置いているかが確かめられます。在籍確認の電話では消費者金融やカードローンの申し込みをしていることが知られないように十分配慮されており、金融機関名を名乗らず、担当者の個人名でかけますので安心してください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

3つのキャッシング審査が通らない原因とは

キャッシング審査が通らないなら、その原因を知り改善させなければ同じことの繰り返しになります。

そもそも審査落ちする原因とはどのような要素なのでしょう。メガバンクや大手消費者金融から中小の金融業者まで、共通すると考えられる主な原因を3つご紹介します。

多重債務をしているかどうかが1つ目です。必要な金額を借入するために、一社から全額を借りられればその分高い信用があるとみなされます。しかし、あちこちの金融業者から少しずつ借金をしている利用者だとわかると、一社あたりで融資可能な金額が少なく、その程度の低い信用度しかないと思われてしまうのです。

借金の総額が多くても借入件数が少なければいいのですが、多くの業者から借り入れをしているとそのことが審査に不利に働いてしまう可能性があります。しかし、多重債務をしているからといって、何も策がないわけではありません。おまとめローンで一本化すれば、利用している金融機関は1件のみにできるからです。

2つ目は、金融ブラックであるかどうかです。銀行や消費者金融などに融資の申し込みをすると、個人信用情報機関のデータベースが確認されます。現在何軒の他社からいくらの融資を受けているか、これまでに返済が何カ月も遅延した、貸し倒しした、債務整理をしたなどの金融ブラックを起こしていないかなどが明らかになります。

都市銀行や大手消費者金融などの審査では、金融ブラックだというだけでキャッシング審査が通らないことが一般的です。しかし、中小消費者金融は債務整理をした方などでも、現在はしっかり返済日を守っているなどという場合は、貸し付けを行うことも多くあります。

確かに金融ブラックにならずにすめば一番理想的ですが、そうなってしまったからといってあきらめたり、ヤミ金に手を出す必要はありません。

3つ目に考えられるキャッシング審査が通らない原因は、融資希望額が大き過ぎる場合です。申し込みフォームにはいくらの融資を受けたいか、希望額を申告する欄があります。

申し込みをしたところが消費者金融の場合、貸金業法が適用されることから、年収の3分の1を上限とする範囲内でしか貸し付けができないという法律(総量規制)になっています。この上限を超える希望額を申請していると、キャッシング審査が通らないでしょう。

総量規制は全ての金融機関が対象ではありませんので、関係がない銀行カードローンなどでしたら多額の希望額が審査に通る可能性はあります。思い当たる場合は、申し込んだ希望額と年収の割合を比較して、原因の可能性があるか確認してみてはいかがでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

キャッシング審査を有利に運ぶには


過去にキャッシング審査が通らない経験があるからといって、あきらめる必要はありません。これからご紹介するポイントさえ押さえておけば、これから申し込みをする分に関してはキャッシング審査を有利に運ぶことができるでしょう。

申し込みフォームにはいくつもの個人情報を入力する欄がありますが、その中には年数に関しての大切な項目が主に3カ所あります。借入れの実績・居住年数・勤続年数の3つです。

キャッシングやカードローンに申し込みをするとき、やはり債務整理をしていたり過去に借金をして返済していない場合よりは、申し込み自体が初めての方が審査に通りやすいと考えられがちです。しかし、実際には借入れの取引履歴が長くあり、返済を守ってきたという実績がある方が信用度が高くなります。

審査はその申込者に融資をしたら、確実に返済をしてくれるかどうかを見極める作業なので、取引実績がある人の方が審査に通りやすくなります。居住年数は、現在のお住まいに長く住んでいるほど、審査に有利になります。

勤続年数は、同じ職場で長く働き続けている人の方が高い評価がつけられます。基本的に、アルバイトと正社員の属性を比較したとき、有無も言わさず正社員の方が審査に有利だと思われることでしょう。しかし、実際には勤続年数が大きく影響してきますので、入社したてのフレッシュな正社員より、5年以上在籍しているアルバイトの方の方が審査の評価は高くなります。

同じ独身者でも、実家暮らしか一人暮らしかでは実家に住んでいる方の方が審査に有利です。なにかあれば実家住まいの独身者の方が周囲に影響が生じやすいため、比較的返済期日を守ってくれるだろうと考えられるためです。

一人暮らしのお独身者は、最終的には返済をせずに踏み倒したり、借り逃げがしやすい状況だとされています。融資を行う金融業者側にとっては、最もハイリスクな貸し付けだと考えられます。

申し込み時にすでに他社から借入れをしている場合、4件を超えてしまうとそのことがキャッシング審査が通らない原因になってしまいます。借入れ実績はあるけれど現在は3社以内で、できれば完済しているのが業者側としては理想的です。複数の金融機関から融資を受けているなら、件数を減少させたり、おまとめローンを利用すると効果的です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

学生や主婦がキャッシング審査を通過するには


キャッシング審査が通らない原因の一つとして、申込者が安定した収入を得ていないケースがあります。融資をする金融機関側としては毎月確実に返済してもらうことが大切ですので、収入が不安定では安心して貸し付けができません。ということは、職業が学生や主婦の方が申し込みをしてもキャッシング審査が通らないのでしょうか。

学生さんは学業が第一ですが、仲間との交流を深めたり興味を持ったことにどんどんチャレンジできる大切な時期でもあります。友達付き合いや新しいことのチャレンジは、多少なりともお金がかかることは否定できない事実でしょう。

学生として学業に専念しながらもアルバイトで安定収入を得ていれば、年齢が満20歳以上という条件を満たすことで借り入れの審査に通る可能性が十分にあります。

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングなどのホームページで詳細を見てみると、借入限度額が書かれています。借入限度額はその金融機関で一人あたりに融資をする上限金額が示されているのですが、学生さんの場合はフルタイムで勤務できる方が少ないからか、目安は10万円~50万円くらいです。

主婦の方は家事や育児、介護などの大切なお仕事がありますが、1日に勤務に就ける時間は短くてもアルバイトやパートで働くことができます。そうして安定収入を得ているなら、自分名義でキャッシングをすることが可能です。ご主人の同意書の提出なども不要ですから、夫に知られずにお金を用意したいというときなども内緒で借り入れができます。

消費者金融では貸金業法が適用されますので、年収の3分の1までしか融資ができない決まりになっています。ということは、そもそも年収がない専業主婦の方は利用不可なのですが、貸金業法が関係ない銀行カードローンなら融資を受けることができます。

特にご主人の同意書の提出も求められませんので、旦那さんにバレずに借り入れすることが可能です。本人確認だけで専業主婦が借りられる金額は、一般的に10万円~50万円です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

審査で見る事故者リストがあるってホント?


金融機関で融資の申し込みをするとき、貸したお金がしっかり返済されるかを見極めるために審査が行われます。

審査はそれぞれの金融機関が行うものですが、判断材料の一つとして事故者リストを参照しているというウワサがあります。そもそも本当に事故者リストは存在しているのでしょうか。ウワサで事故者リストと呼ばれているものの正体は、恐らく個人信用情報機関で閲覧できるデータのことでしょう。個人信用情報機関は国内に3カ所あり、銀行、消費者金融、クレジットカード会社などは必ずどこかに加盟しています。

個人信用情報機関のデータベースは申し込み者に関する情報だけを閲覧できることになっており、過去にどのくらいの借入れをしたことがあるか、返済はとどこおっていなかったかなどが分かる重要な内容です。返済期日に遅れてしまうことはあるかもしれませんが、数日程度ならともかく3ヶ月以上に及んでしまうと信用情報に載ってしまいます。

自己破産や任意整理、特定調停、個人民事再生の債務整理を行っていると、そのこともわかるようになっています。しかし、いつまでも永遠に登録されているというわけではありません。信用情報機関にもよるのですが、5年や10年といった長期に渡って残り、その期間を過ぎるとデータは抹消されます。

こんなことを正直に申告したらキャッシング審査が通らないのではとウソの申告をしようものなら、個人信用情報機関で知られてしまいますので、むしろ正直に伝えた方が好印象です。

お金が必要になったとき、審査落ちを恐れて結果を待たずしてあちこちの金融機関に申し込みをしたくなるかもしれませんが、それは審査にマイナスに働きますのでやらないようにしてください。1ヶ月の間に3カ所を上回る申し込みをしてしまうと、審査落ちするといわれているからです。

これは、3カ所あるどの個人信用情報機関でも共通しています。短期間に3カ所を超える手続きをしたら、そのことは信用情報に6ヶ月間残り続けます。掲載されている間は審査に通りにくくなりますので、十分注意しましょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン