banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

お金が必要だけど審査が心配

誰でもカードローンを利用できるわけではありません。新聞などにも、カードローンの弊害などが記事として掲載されていることがあります。審査に通らずに利用できないほうが良いような書き方の記事も散見されます。

それでも、審査に通る通らないというのは、その人のステータス性を物語っていることです。なので、審査に落ちるということは反省する点もあるということを理解しておくべきです。というのも、審査というのは申込者の属性が大いに左右します。

それだけ、銀行カードローンなどは審査が厳しいとよく言われています。キャッシングローンなどを申し込んでも属性が低くて審査に落ちたという話もよく聞くぐらいです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

属性というのは何を表しているの?

前述しているように、属性というのはステータス性と考えてもいいでしょう。あらゆる数値をスコアリングしたものが属性と思ってもいいです。いずれにしても、カードローンなどの審査の通りやすさの指標が属性なのです。属性が高いほどカードローンの審査に通りやすいということですね。

審査は様々な項目から構成されています。たとえば、正社員なら属性がいいということになりますし、契約社員では正社員よりも属性が低いということになります。その次は派遣社員であって、さらにパート・アルバイトと続いていきます。

フリーターや主婦や学生などが続き、属性が一番低いのが無職の人となるでしょう。これらは勤務形態の属性です。正社員の中でも勤続年数が長いほど属性が高いということになります。また、居住形態なども属性に分けられるのです。持ち家でしたら属性が高いですし、賃貸でしたら属性が低いということになります。

このように様々な項目から属性が成り立っているのです。いずれも、個人の努力によって属性を上げていくことができるので、それらを考慮してカードローンの申し込みをしたらいいでしょう。属性が良ければ、急な出費になってもキャッシングローンなどですぐに借りることが出来るからです。

申し込みから始めなければいけない場合も、属性が高ければ即日ローンということも可能です。属性が高いほど銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者からの信用度が増しますから、融資を受けやすいのです。銀行や消費者金融会社からは、確実に返済してくれる人と思われるわけですね。

学生や専門学校生は属性が低いと書きましたが、世帯収入を勘案できるので、世帯主がしっかりとした職業に就いているのであれば反対に借りやすいという面もあるかもしれません。そのときは当然ですが、世帯主の承諾が必要になります。

ネットなどの情報が多く利用者にとっては都合の良い面もあり、悪い面もあります。ネットの情報が必ずしも正解というわけではありません。カードローンを利用する際は、正しい情報に接して融資の申込みをすることがポイントとなります。人気のカードローンもありますし、賢く選択してきっちりと返していくことで属性もさらに上がっていくことでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン