banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

中小消費者金融ってどんな消費者金融?

大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない方でも、中小消費者金融では審査が甘くなります。カードローンがないキャッシングが多いですが、あと少し借りたいと言う時に便利な金融業者です。

消費者金融には変わりはない

消費者金融とは、サラリーマン金融のことであり、貸金業者です。
取扱商品がお金です。法律では貸金業法の範疇であり、営業には許可が必要です。
3年毎に更新が必要であり、不当な貸し方をしていると、業務停止命令などもあります。

中小消費者金融の中小というのは、取り扱う金額が少ないことで区別されています。
実際にはカードローンではないとか、ATMがない、CMをしていないなどの理由もあります。
設備投資ができないことが理由もありますが、派手な宣伝はしていないですが、老舗金融業者も少なくないです。

サラ金時代から、暴利(その昔は正当でした)の貸金をしていた中小消費者金融も少なくないですが、大手消費者金融もその一つです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

審査が甘いのはなぜ?

大手消費者金融、銀行カードローンと同等の審査基準法では、お客がいないからです。
簡単に借りれる中小消費者金融の立場としては、大手消費者金融や銀行カードローンよりも審査基準を甘くしなければ、わざわざ申し込みをする人がいないからです。

中小消費者金融の儲けとしては、危ない借入だとしても、ある程度のリスクをかけて、どうしても借りたいのなら貸すというスタンスです。大手消費者金融よりは割高な金利設定であり、それが中小消費者金融のサインとなっています。

いわゆるブラック対応

これは口コミ情報のことです。ブラックリストでも借りれる、と言うよりはブラックリストでも申し込みができる中小消費者金融です。

この部分では、中小消費者金融のホームページにも任意整理中の借入ができることが明記されている所もあります。金融商品のすべてが大手消費者金融よりも甘く、金利が高いと言って利息制限法を上回ることはありません。

信用情報で自信がない方へ

中小消費者金融の借入をしたとしても、信用情報の影響はありません。
金融事故だったり、ブラックリストになっている方で、少しのお金を借りたいという方には中小消費者金融はオススメです。全国の中小消費者金融ではインターネット申し込みで、振込キャッシングが可能になっています。

ローンカードがないだけで、借入方法は大手と同じです。
大手と同じ消費者金融ですから、総量規制の関係から、年収3分の一以内が限度額です。
中には、総量規制以上の借入可能なおまとめローンの取扱をしている中小消費者金融もあります。多重債務者は、こちらも検討してみてください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

中小消費者金融のおまとめローンと言えば中央リテールですが

中小消費者金融の中で、おまとめローン専門の金融業者があります。
それが、中央リテールです。

新規キャッシングができない

中央リテールの審査では、必ず多重債務者であることが必要です。新規での借入の受付はしていないので、多重債務であり、その金額の借入ができる珍しい中小消費者金融です。

ちなみに、おまとめローンは大手消費者金融でも一部銀行でも取扱をしています。
それぞれの特徴としては、新規キャッシングとは違い、多重債務を1つのおまとめローンにすることで、多額の借入になります。

この契約では、消費者金融でも総量規制対象外になり、利息制限法の関係で、多額の借入では自動的に低金利のキャッシングになります。多重債務の時には、上限金利での契約でしたが、おまとめローンでは、それだけで金利が数%下がります。

また、支払い先が1つになり、返済日が1日で済みます。
これもメリットとして金融業者としては、取扱をしています。
なんとなく、多重債務者にとっては嬉しいおまとめローンですが、審査は厳しくなります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

中央リテールのおまとめローン

中小消費者金融ですから、審査基準は甘くなります。
それは、多額の多重債務、借入件数が多くても対応しているという内容です。
中小消費者金融のおまとめローンでも多すぎるという内容でも、中央リテールでは審査通過ができます。

そして、ここの大きなポイントは、大手消費者金融のおまとめローン以下の金利であるということです。中小消費者金融の方が低金利という商品は先ずありませんが、中央リテールでは低金利おまとめローンの取扱をしています。

そこで、ブラックリストになった方が、検索で中央リテールの存在を知り、申し込みをしてみることも少なくありません。

審査通過率はとても低い

多額の多重債務者でも借りれる点は甘い審査ですが、その他では厳しい審査が待っていました。
中央リテールは、東京都渋谷に会社があります。先ずここに直接審査に来れる方限定です。
これで地域限定が決定になります。

電話かネットでの申し込みで、仮審査を受けます。多重債務の内容は多くても良いですが、その他の部分では、毎月返済額が7万円以上(口コミですが)の多さが必要です。
同時に、職業では完済ができるだけの安定収入があることで、毎月の返済額は7万円超(こちらも口コミです)という多くの返済ができることが条件らしいです。

中央リテールでは、多い多重債務者は歓迎してくれるのですが、それだけ高い返済能力がなくてはならないという厳しい審査があります。延滞遅滞のブラックリストは借りられなく、単に借り過ぎで延滞はしていないけれど、なんとか楽したい方向けのおまとめローンになります。

契約と同時にキャッシングとクレジットカードの解約をすることも必須です。完済までに借金禁止の生活になります。ですから、なかなか審査通過ができない現状があります。

完済したいブラックリストにはオススメ

返済能力が高いことが必要ですが、多重債務でガンガン返済ができるけれど、低金利のおまとめローンが良いブラックリストにだけ、中央リテールのおまとめローンがオススメできることになります。ブラックリストで低金利というのは魅力なんですが。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ブラックではないけれど、中小消費者金融でおまとめローン 

貸金業法とは、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠のキャッシングについての法律です。銀行カードローンは違いますが、その特徴は総量規制によって限度額がきまっていることです。総量規制とは、年収3分の一以内しかかりる事ができないという限度額の決まりです。

総量規制対象外もある

消費者金融には総量規制対象外の商品があります。
それがおまとめローンです。

おまとめローンとは、利用者にとって得のある商品として紹介されることが多いです。
多重債務を1つのローンのまとめて借換をする商品です。元金はそのまま移行されるのですが、金利が低くなります。多重債務はそれぞれが少額で上限金利で借入していたものが、おまとめローンでは低金利になると言うのが売りです。

金融業者にしてみれば、多額の借入での返済リスクが高まるデメリット、多額の借入でそれなりの利益収入が入ることのメリットがあります。ですから、完済が完全にできるだけの高い返済能力を求めるため、厳しい審査になってしまうことが多いです。
大手消費者金融のおまとめローンは、新規キャッシングよりも審査は厳しいです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

金利差は大きい

多重債務とおまとめローンの金利差は多額になるほど大きいでしょう。
毎月の返済負担を小さくすることで楽な返済になりますが、今までと変わらない返済額では完済時期が早まります。目的は2つありますが、利用者に得のある金融商品であり、総量規制対象外、年収3分の一以上の借入も許されています。

中小消費者金融のおまとめローン

審査が厳しいというので、中小消費者金融のおまとめローンも注目です。
内容は大手と同じであり、やはり低金利になります。

大手消費者金融ばかりの多重債務で中小消費者金融のおまとめローンにした場合、最低でも2%程度の金利が下がります。単に多重債務者だけで、あとの金融事故がない場合は、おまとめローンは中小消費者金融で行うのも1つの手です。

新規のキャッシングでは、大手よりも高い金利ですが、おまとめローンでは利息制限法の関係から、借入が多いと中小消費者金融でも金利が下がります。ただし、注意したいのが、無用に返済期間を長くすることです。特に中小消費者金融のおまとめローンでは、返済額はそのままで完済時期を短くする方向で検討してください。

おまとめローン契約時には、持っていた大手消費者金融の多重債務は完済になります。そこで、早期に中小消費者金融のおまとめローン完済をすることで、信用情報もきれいにしてください。

できれば、返済額を下げるのではなく、おまとめローンでさっさと多重債務分の返済をしてしまうのが理想です。中小消費者金融ではブラックリストだけではなく、こうしたおまとめローンの賢い利用法がありますので、参考にしてみてください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

任意整理とおまとめローンの共通点?

債務整理とは、返済できない借金を法的に元金を減額する方法です。
金利だけをカットするのが任意整理であり、裁判所を介することなく交渉だけで行う事ができます。返済が元金だけです。

債務整理ではない返済額を減額する方法

それがおまとめローンです。
おまとめローンは多重債務の借換であり、新たに審査を受けることになります。
多重債務は、数社からお金を借りている状態ですが、おまとめローンはそれらを1つのローンにしてしまう方法です。

すべての多重債務を完済した金額をおまとめローン1つで借入をします。
返済額が小さくなるのは、多重債務の元金を合わせると多額の借入になると思います。
その時に、貸金業法では多額の借入では金利が下がる事になっています。
その利用で、全体の返済が小さくなるということです。元金はそのままです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

例えばこんなことです

3社100万円でそれぞれ18%の多重債務
1社100万円で15%のおまとめローン単純計算ですが、3%の金利下げに成功しました。
このキャッシングの金利とは、毎回の返済に加重されるものです。
1%でも低いと後々の返済にも影響が出ます。

任意整理ではゼロの金利ですから、加重ナシですが、このおまとめローンの金利下げでは、毎回3%の金利支払いをしなくても良い計算になります。

任意整理の方法

任意整理では、金融業者にこれから完済までに支払う金利部分の数字を出ししてもらいます。
計算は自分で行うのですが、その金利部分を差し引いて、3年間程度の返済額にします。
おまとめローンでも、契約をしたのなら、本来多重債務者の時に支払う金利と大きく差が出ることがわかります。

大手消費者金融でも中小消費者金融でもおまとめローンは行っていますが、完済ができることが目的であり、新規キャッシングと比較して、多少審査は厳しいです。任意整理よりはマシですが、金利が下がる契約の点では、おまとめローンは嬉しくないはずでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

大手消費者金融と中小消費者金融も思惑の違い

おまとめローンに関しては、大手消費者金融では厳しい審査ですが、完済ができるのなら繰り上げ返済も大歓迎です。

中小消費者金融も同様ですが、中にはぜったいに繰り上げ返済をさせない、できれば返済額も小さくしたおまとめローンの提案してくる場合があります。

早く完済した方が良いと思われるのですが、多額の借入では返済期間が長い方が金融業者としては金利収益が長く入ることになります。そこで完済目的ではなく、長く返済させる目的で、わざとにおまとめローンの契約をしたがる中小消費者金融も存在しています。

たいていはそんなことはない

おまとめローンの返済期間が長期化を勧める金融業者では、闇金の場合もあります。
はっきり闇金ではなく、悪い噂がある中小消費者金融です。

新規のキャッシングではなく、おまとめローンに力をいれている怪しい中小消費者金融があるとしたら、気をつけましょう。そうした中小消費者金融に限って、とても甘い審査になっていることが多いです。口コミなどを参考に、長期返済期間のおまとめローンは要注意金融商品です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

おまとめローンと債務整理の選択に迷ったら 

おまとめローンは多額の借入になることが多いですが、保証人などは必要ありません。
カードローン、キャッシングと同じく無担保ローンです。
総量規制対象外であり、消費者金融でも年収3分の一以上の借入ができます。

しかし、年収以上のおまとめローンや年収に近いおまとめローンの契約はできません。
住宅ローンのような感じではありません。

また、おまとめローンは一応低金利とされていますが、10%以上の金融商品です。
何年間も返済をするには危険な金利です。

おまとめローンの審査

多重債務者しかおまとめローンの対象になることができません。
大手消費者金融、銀行などでも多重債務がおまとめローンの申し込みができます。

しかし、なかなか審査通過ができないとされています。
多額のキャッシングと返済期間が長くなることでの返済リスクが高いからです。
少ない金額のおまとめローンでは、利息制限法の関係で金利が下がらないので無駄です。
受付もしていません。

たいていまとまった金額のおまとめローンしかできないので、厳しい審査になってしまうのは当然です。そこで、選択肢としては中小消費者金融のおまとめローンです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

審査は甘いけれど

中小消費者金融のおまとめローンでは、それなりの審査基準で借りれる方も少なくないです。
大手消費者金融ほど厳しい審査ではないのですが、ブラックリストは厳しいでしょう。

多重債務でも総量規制以上の借入だけで、毎月きちんと返済をしている場合は可能性があります。総量規制対象外であり、収入が安定していると借入ができることがあります。
延滞と遅滞がある時点でのおまとめローンは難しいです。

というのも、中小消費者金融のおまとめローンの債務整理がとても困難です。
多重債務者でおまとめローンにしたい、中小消費者金融に行きたい方は、ここで無理をせずに債務整理をしてしまうことの方が良い方も少なくないです。

すでに金融事故があり、債務整理かおまとめローンの選択では、債務整理しかないでしょう。
まだ返済ができるからと言っても、多重債務ではどん詰まりは見えています。

中小消費者金融の申し込みをして、完済ができるのであれば良いですが、途中でやっぱりダメというのであれば、債務整理ができない場合もあります。ですから、ブラックリストになってしまったのなら、おまとめローンでなんとかしようではなく、おまとめローン前に債務整理で片をつけることが必要です。

中小消費者金融のおまとめローン

多くの中小消費者金融で取扱をしていますが、ギリギリの状態での利用はおすすめしません。
あくまでも返済に支障がなく、余裕で返済ができる片向きのものです。

大手消費者金融でもブラックリストではないけれど、おまとめローンだけのためで、中小消費者金融に行くと言うのが理想形です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン